某NPO団体様への「iPad講師養成講座」のご提案

2013年3月5日(火)晴れ時々曇り

昨日は新しい企画を提案。 

都内某NPO団体でiPad講師養成講座の企画依頼あり。

一昨日の3日日曜日にメールで依頼、昨日4日月曜日午前中に提出。

夜考えて、翌朝6時から表紙を入れて14ページのパワーポイント。正味4時間弱。

久しぶりに少し緊張した「脳トレ」。たまにはいいですね。

提出期限は示されなかったのですが…。お客様が予想もされない速さで提出。

仕事は「速さ=スピード」が一つのポイント。

シニアといえどICT関連の端くれにつながっている以上…。

差をつけるのは速さ=スピードで勝負。

★今回のiPad講師養成講座は「シニアの居場所と出番作り」にフォーカス。

ご提案させていただいたのは

・二日間コースです。

時間は10:00スタート昼休1時間、午後17:00終了。

・日程的にすでに4月・5月はいろいろと予定あり。

勝手にこちらの希望を書かせていただきました。

はたしてどうなりますか?

今回の講座内容は、昨年来の「iPad講師養成講座」の反省を加味しています。

受講者さんが苦手な「講師かくあるべし」や「講座設計」などを外して、受講者に関心の高い「iPadの知識」にシフト。

★今回の提案の大きな特徴は、「iMovie講座」をご提案したことです。

☆これからの「iPad講師」は、iPadの基本機能すなわち、iPadの基礎知識、設定の詳細、基本アプリの使用方法などに加えて、iMovie講座が必要で、グループワークに有効であります。

現在文京区様の8日間の「iMovie講座」を実施する中で感じました。

★その「こころ」は「iMovieが新しいシニアの情報発信ツール」としての位置づけです。これが今はなかなか理解されない。

理解されるのは来年 再来年でしょうか?

そのためには「シニアデジタル作品展@Apple Store 銀座」を成功させることですね。

 

山根への連絡は下記にお願いします

 

✉:nagune667@msn.com

☎:080-4474-6954