変わってきた 受講の動機

2013年4月2日(火)雨

最近のiPad体験会を実施して感じます。

・2月10日 サミット成城店

・2月24日 サミット成城店

・3月30日 ふれあいサロン汐見

2月~3月の受講者の受講の動機です。

次のような方が増えました。
・これからiPadを買いたいが何を買ったらいいか

・(iPadを使っている初心者の方)自分の知りたいことをだけを教えて欲しい

★講座がはじまると「待っていました」とばかり 質問をされます。

そして講座全体の進行を遅らせ、サブ講師を独占しようとします。
【対応策 その1】こんな風に対応しています。

・主任講師が冒頭に「講座の進行について宣言」します

・質問のお応えは私(主任講師)が後程(まとめて)お答えします、と宣言

・サブ講師は「操作のお手伝い」をさせて頂きます、と宣言

【対応策 その2】こんな準備をします。

・今後はよく出る質問の「想定問答集」の用意が必要ですね

☆講座のタイトルは大事ですね。
・受講者様のご希望と講座のミスマッチがないか?

・タイトルを一目見て何をやる講座かわかるか?

・タイトルを安易に考えていなかったか?

★最近のiPad体験会を通して 反省しきりです。

山根への連絡は下記にお願いします

 

✉:nagune667@msn.com

☎:080-4474-6954