「第1回西武街づくり活動助成金」最終審査その2

2013年12月12日(木)

晴れ時々曇り

  昨日の午後13:00から「第1回西武街づくり活動助成金」最終選考審査のプレゼン。発表は14番目(20人中)。本当に久しぶりのネクタイにスーツ姿。肩が凝りました。

富士通さんのらくらくスマートフォンをお見せしながらのプレゼン中。3分一本勝負!

 エントリーは36団体。最終審査に残ったのは20団体が発表の結果すべて入選。

 プレゼンでは次の3点を意識しました。

・定年後無くなるもの三つ 行くところがない 会う人がいない やることがない

・5~6歳にタイムスリップ

 「自転車に初めて一人で乗れた!」⇒「わくわく・どきどき感」

 シニアにもう一度この「わくわく・どきどき感」を味わってもらいたい

 それは一歩先の(安心・安全な)「スマホコミュニティー」

・スマホの「楽しみ方」と「居場所と出番づくり」の「生きがい」を提供してくれた「西武信用金庫さん 有難う!」とシニアの皆さんに言っていただく⇒これが事業の効果

 「三鷹タブレット研究会」が西武信用金庫奨励賞をゲット。実質1位グランプリー。クリスタルのブック型の西武信用金庫奨励賞です。全然その賞のことを事前に聞いていませんでした。発表を聞いてびっくり。

介添えで同伴いただいた生田美子さんいわく、笑いをとったのは唯一山根だったそうです。

笑いは、

・定年後無くなるもの三つ

・「自転車」

・西武信用金庫さん 有難う

だったそうです。

コメント: 2
  • #2

    nagune667 (木曜日, 12 12月 2013 11:11)

    有り難うございました。

  • #1

    堀川 (木曜日, 12 12月 2013 08:27)

    おめでとうございます。
    日々のご努力の賜物と、存じます。
    これからも、お身体ご留意の上、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。

山根への連絡は下記にお願いします

 

✉:nagune667@msn.com

☎:080-4474-6954