ソーシャルビジネスの登竜門CROSS POINTに登壇します

2015年12月15日(火)曇り

 ソーシャルビジネスの登竜門 CROSS POINTに応募。一昨日の日曜日、二次審査。平成 28 年 1月10 日(日)、つくば国際会議場(茨城県つくば市)の、カンファレンスのCROSS POINTで6分30秒のプレゼンに登壇します。登壇者8人の枠に入りました。軽い気持ちで応募しましたが、このイベントはすごいです。

 二次審査の面接会場は、JR御茶ノ水駅より御茶ノ水橋を渡り、順天堂大学病院手前のサッカー通りを直進、日本サッカーミュージアムの裏の井口ビル2階。面接時間は夕方の4時半から30分。

『一般社団法人リディラバは、平成28年 1月9 日(土)、10 日(日)の 2 日間、つくば国際会議場(茨城県つくば市)でカンファレンス R-SIC2015(Ridilover Social IssueConference/アール・シッ ク)を開催します。R-SIC は今回が3回目。”ソーシャルビジネスを、本当の事業に”という理念のもと、事業を通 して社会課題を解決する NPO や社会起業家のネットワークを構築し、非営利事業や社会的な事業 に独特な事業運営ノウハウを共有しあう場として活用いただいている、日本で唯一の社会的事業者対象招待制カンファレンスです。』 

 昨日の夕方5時にメールで二次審査をパスしたご連絡をいただきました。

「厳正なる審査を行いました結果、あなた様にご登壇いただくことになりました」。1月10日(日)13:30からのCROSS POINTのコーナー。うれしいです。

 『<CROSS POINTとは?> 新しいソーシャルビジネスのためのインキュベーション&ピッチコンテスト。登壇者は公募します。選考過程では代表安部やアドバイザリーボードからのフィードバックの機会を設けます。投資家や出版・メディア関係者などを審査員にお招きし審査。3位までの入賞を決定します。

 公募から選ばれた新しい切り口やアイディアを持ったソーシャルビジネスのためのインキュベーション&ピッチコンテスト。事前審査の過程でプレゼンテーションをブラッシュアップし、本番当日は一線で活躍する審査員の審査を受けて入賞をめざします。

・審査員:

 今野穣氏(株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズCOO)

 中村岳氏(株式会社レアジョブ代表取締役社長)

 干場弓子氏(株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン取締役社長)

 山田泰久氏(NPO法人CANPANセンター代表理事)

 湯浅誠氏(社会活動家/法政大学教授)

【R-SIC 2015公式ホームページ】http://ridilover.jp/R-SIC/』(ホームページより)

※審査員がすごい。NPO法人CANPANセンター代表理事の山田泰久氏、年越し派遣村の村長で有名な湯浅誠氏(社会活動家/法政大学教授)など。

https://www.value-press.com/pressrelease/152918

山根への連絡は下記にお願いします

 

✉:nagune667@msn.com

☎:080-4474-6954